過飲過食、体重過量、喫煙、運動不足、遺伝、不規則な生活、日々のストレス、加齢といった様々な誘因が絡むと、インスリン分泌が減少したり、機能が低下したりして生活習慣病に属する2型糖尿病を発病することになります。

現在、若い世代で長期間咳が続く結核に抗う免疫、すなわち抵抗力を保有しない人達の割合が高くなったことや、早合点のために受診が遅れることなどに縁る集団院内感染(アウトブレイク)が多くなっています。

陰金田虫(いんきんたむし)とは、医学上では股部白癬(こぶはくせん)と言われており、カビの一種である白癬菌が陰嚢、股部、臀部などの場所に何らかの理由で感染、定着する病気のことで簡単に言うと水虫です。

ピリドキシンには、様々なアミノ酸(Amino acid)をTCAサイクルと呼ばれるエネルギー源を活用するのに欠かせない重要な回路に取り込むために輪をかけて細分化することを促す働きもあると言われています。

トコトリエノールの効果の中では酸化を防ぐ機能が格段に有名だと思いますが、これ以外にも美肌作用や、血清コレステロールの生成を抑制したりするということが言われています。

「肝臓の機能の低下」については、血液検査項目のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)など3つの値で判断できますが、ここ数年で肝機能が衰退している人数が微増しているということが危険視されています。

ビタミンB1不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、手や脚が無感覚になったり下肢の著しい浮腫などがよく起こり、進行すると、最も深刻なケースでは呼吸困難に至る心不全も誘引する可能性があるということです。

胃食道逆流症の一つである逆流性食道炎は、食事内容が欧米化したことに加えてスモーキング・酒類・脂肪過多などの生活習慣の質が低下したこと、ストレスなどに縁り、ことさら日本人に増えつつある病気だということができます。

ハーバード大学医学部の調べによれば、通常のコーヒーと比較して毎日2カップよりも多くデカフェのコーヒーに変えると、恐ろしい直腸癌の罹患率を約5割も減少させることができたそうだ。

メタボメ茶 ダイエット
子供の耳管の構造は、大人の耳管と比較して幅がある上に短めの形状で、尚且つ水平に近いため、バイ菌が侵入しやすくなっています。大人よりも子供の方がよく急性中耳炎に罹るのは、これが原因です。

欧米においては、新しく開発された薬の特許が切れた約30日後には、製薬市場の8割がジェネリック(ジェネリック医薬品、後発医薬品)に替わるという薬品もある位、ジェネリックは世界に知られています。

HIV、すなわちエイズウイルスを保有している精液や血液の他、唾液、母乳、腟分泌液といったいたる所の体液が、交渉相手等の粘膜や傷口などに触れると、HIVに感染する危険性が出てくるのです。

基礎代謝量(kcal)とは就寝中ではなく覚醒状態で生命活動を維持する(鼓動、呼吸、腎臓の動き、体温や筋肉の緊張の維持など)ために必要となる理論上の最小限のエネルギー消費量のことを指します。

吐血と喀血は両方とも口から血を吐くことに違いはありませんが、喀血は咽頭から肺を繋ぐ気道(きどう、呼吸器のひとつ)から血が出る症状で、吐血の方は無腸間膜小腸より上にある食道などの消化管から血が出る状態を表しているのです。

筋緊張性頭痛は仕事や勉強などでの肩凝り、首筋のこりが因子の慢性頭痛で、「締め付けられる激しい頭痛」「重くてたまらない頭痛」と言われています。