加齢印象を与えてしまう最も大きな因子のひとつが、歯にこびりついた”蓄積くすみ”です。歯の外側の層には、見えないくらい小さな凸凹があり、毎日の暮らしの中で黄色っぽい着色やタバコのヤニ汚れがこびり付いていきます。

ホワイトニングとは、メラニン色素の沈着が少ない、より一層明るい肌を重要視する美容上の哲学、或いはそんな状態のお肌のこと。大抵は顔の肌について使用される言葉である。

リハビリメイク(Rehabilitation Makeup)という造語には、体の機能にダメージを被った人のリハビリテーションに等しく、容姿に損傷を受けてしまった人が社会復帰するために教わる手技という意味があるのです。

内臓矯正(軟部組織マニプレーション)というのは近辺の筋肉や骨格が素因で位置が合っていない内臓を原則の場所に戻して内臓機能を活性化させるという手段です。

夏、紫外線を浴びたときにダメージを小さくする方法は3つ。1.日焼けして赤くなっている場所を冷やす2.ふんだんに化粧水をはたいてしっかりと保湿3.シミができないようにめくれてきた皮をむいてはいけないのでそのままにしておく

現代を生きている私達は、毎日毎日体に溜まっていく悪い毒を、多くのデトックス法を試して体外へ排出し、藁にも縋る想いで健康になりたいと努めている。

軟部組織マニプレーションは近くの筋肉や骨が素因で位置がおかしくなってしまった臓器を元来収まるべき場所に返して内臓の健康状態を高めるという手段です。

運動や入浴でたくさん汗をかいて体の中の水分量が減ってしまうと自動的に尿量が減らされて汗のための水分がストックされるため、このだぶついた水分そのものが浮腫みの原因になると考えられています。

最近再注目されるようになった頭皮ケアはスカルプケア(scalp care)とも言われます。頭皮はヘアの困り事の代表である「脱毛」「薄毛」などにとても密に関係していると同時に、フェイスラインの崩れやたるみにも影響しています。

日光を浴びて大きくなったシミをなんとか目立たなくさせようとするよりも、シミが作られないようにあらかじめ防いだり、肌の奥に隠れている表に出てきていないシミをブロックすることの方が重要だということをご理解いただけましたでしょうか。

唇の両端、すなわち口角が下がっていると、皮膚のたるみはじわじわと進行していきます。にこっと左右の口角を上げた笑顔でいるように意識すれば、たるみも防げるし、外見も良いと思います。

特に夜の10時~2時までの240分間は皮ふのゴールデンタイムで、お肌の生まれ変わりが一際盛んになります。この22時から深夜2時の間に寝ることが一番良いスキンケアの要ということは間違いありません。

例えるなら…今、パソコンを眺めながら頬杖をついてはいませんか?実はこの体勢は手の圧力を全開でほっぺたへ当てて、肌に対して余計な負荷をかけることになるのです。

アイカラーなどのアイメイクを落とすときによく落とさなければいけないとゴシゴシと強くこすって洗うと目の周りの肌が荒れたり炎症を起こすなどして色素沈着が起こり、目の隈の一因となります。

審美歯科(しんびしか)は、美しさに重きを置いた総合的な歯科医療分野のひとつ。歯が担う役目には機能面と清潔感を与えるなどの審美的な側面があり、双方ともに健康に関わっている大切な要素だと断言できる。