2005年(H17)年2月から新たに特保(トクホ)の容器には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」といった注意喚起の一文の表示が食品メーカーに義務付けられている。

お酒に含まれるアルコールを分解する力のあるナイアシンは、苦しい宿酔に極めて効果的です。ゆううつな二日酔いの原因だと考えられている酢酸アルデヒド(アセトアルデヒド)という化学物質の分解に力を発揮しています。

亜鉛は、デオキシリボ核酸(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質を合成させるために欠かせない酵素や、細胞・組織の生まれ変わりに関係している酵素など、約200種類以上ある酵素を構築する物質として絶対なくてはならないミネラルなのです。

世界保健機関は、紫外線A波の無理な浴び過ぎは皮ふ病を誘引するとして、19歳未満の若い人がファッション感覚で日サロを利用する活動の禁止を広く世界中に求めている最中です。

杉花粉症などの病状(水っ洟、鼻詰まり、クシャミ等)のために夜間しっかり眠れない場合、そのせいで慢性的な睡眠不足になり、次の日起床してからの行動に良くない影響を与えるかもしれません。

季節性インフルエンザワクチン(seasonal influenza vaccine)では、膨大な研究の成果により、予防の効能を見通せるのは、ワクチンを注射した日の2週間後から約150日間ほどということが明らかになりました。

チェルノブイリ原子力発電所の事故の被害者の後追い調査の結果において、成人に比べて体の小さな未成年のほうが飛散した放射能のダメージを受容しやすいことが判明しています。

ストレスがかかり、溜まってしまう原理や、手軽で効果的なストレスケア方法など、ストレスについて詳しい知識を勉強している人は、現時点ではまだ多くないようです。

緊張性頭痛というものは肩こりや首筋の凝り、張りが誘因の最も一般的な頭痛で、「ギューっと締め付けられるような激しい痛み」「重くてたまらない鈍い頭痛」と表現されることが多いようです。

ちょっとした捻挫だろうと自己判断し、包帯やテーピングテープなどで適当に固定し、そのまま様子を見るのではなく、応急処置を済ませたらすぐに整形外科を訪れることが、早く完治させる近道になるのです。

アミノ酸の一つであるグルタチオン(Glutathione)は、細胞の機能を悪化させたり突然変異を誘引する害のある物質を身体の中で無毒化し、肝臓の動きを良くする特性が認識されています。

1型糖尿病という病気は、膵臓に存在するインスリンの源であるβ細胞が何らかの理由で壊されてしまうことから、その膵臓からは大半のインスリンが出なくなることによって発症してしまうという糖尿病なのです。

胃食道逆流症(GERD)の一つである逆流性食道炎は、4~5日服薬すれば、押しなべてほとんどの患者さんの自覚症状は改善しますが、さりとて食道粘膜の炎症反応そのものが完全に治ったわけではないようです。

20歳代、30歳代で更年期になるとしたら、医学的な用語で表現すると「早発閉経(そうはつへいけい・POF)」という女性疾患に当てはまります(日本では40歳未満の女性が閉経してしまうケースをPOF(Premature Ovarian Failure)と定義しています)。

吐血と喀血はどちらも口腔から血を吐くことに変わりはありませんが、喀血というものは喉から肺をつなぐ気道(きどう、呼吸器のひとつ)から血が出る症状で、吐血というものは無腸間膜小腸よりも上にある食道などの消化管から血が出る状態を指します。