20才を過ぎてから発症する、治りにくい“大人ニキビ”の患者さんが増加しているようだ。10年以上こうした大人ニキビに苦しまされている人が専門クリニックに救いを求めてやってくる。

肌のハリの源であるコラーゲンは、UVにさらしてしまったり様々な刺激を繰り返し受けてしまったり、人間関係などのストレスが蓄積したりすることで、組織を壊され、最終的には作ることが難しくなっていくのです。

ほとんど慢性化するも、正しい治療によって病気がコントロールされた状況にあると、自然治癒も予期できる疾患なのである。

スカルプケアの主だった目標とは健やかな毛髪を保つことです。髪に潤いがなく乾燥し始めたり抜け毛が増え始めるなど、大勢の方々が髪の困り事を抱えています。

健康的で美しい歯を保持するには、奥歯まで入念に磨くことを忘れないで。キメの細かい泡と毛先の口当たりが優しい電動歯ブラシなどを用いて、ゆったりケアをすることが理想的です。

下半身は心臓から遠い位置にあるため、重力の影響でリンパの循環が鈍くなることが通常。むしろ下半身の浮腫は、リンパが少しだけ滞留しているという印の一種程度のものだと解釈するほうがよい。

むくむ原因は多くありますが、気温など季節による関連性も少なからずあるということを知っていますか。気温が上がって水分を多く摂り、汗をかく、この時節にこそ浮腫みの原因が存在しているのです。

本来28日周期のターンオーバーが狂うと、様々なお肌のエイジング現象や肌トラブルを引き起こします。目元などのシワ・濃くなっていくしみ・顔色がパッとしないくすみ・クマ・弛み・ニキビ・肌荒れ・乾燥など、まだまだ言い出したらキリがないほどです。

何となくモニターに集中してしまい、眉間に縦ジワを作り、プラス口角の下がったへの字ぐち(ちなみに私は別名「富士山口」と勝手に名付けました)をしているのではないでしょうか?これはお肌にとって最悪です。

「デトックス」術に問題やリスクは本当に無いと言えるのだろうか。そもそも身体の中に蓄積していく「毒素」とは一体どんなもので、その毒素は「デトックス」の力で流せるのか?

よく耳にするピーリングとは、老化し役目を終えた不要な角質層をピール(peel:はぎ取るという意味)することを繰り返して、生成されたばかりの若くて化粧ノリの良い表皮に入れ替える美容法なのです。

気になる目の下の弛みの解消法で最も有用なのは、ずばり顔のストレッチです。顔面の表情筋は意識していなくても凝り固まったり、気持ちに関わっている場合があります。

尿素水とグリセリン(glycerin)にヒアルロン酸を加えている美肌水は低刺激で皮膚に優しく、ドライ肌の方に効果があります。防腐剤や芳香剤等の余分なものを使っていないため、皮膚の敏感な人でもご使用いただけるのが特長です。

よく目立つ目の下の弛みの解消法でおすすめなのは、ずばり顔のストレッチです。顔の表情筋は気付かない内に硬直してしまったり、その時の気持ちに絡んでいる場合がよくあるようです。

唇の両端、すなわち口角が下がっていると、肌のたるみはじわじわと目立つようになります。ニコッと口角を持ち上げて笑顔を心がけていれば、たるみの防止にもなるし、何より見た感じが美しくなりますよね。