頭皮は顔面の皮ふとつながっていて、額までの部分をスカルプとほとんど同じと捉えるのはあまり知られていません。加齢に伴ってスカルプがたるむと、顔の弛みの誘因となってしまいます。

化粧の良いところ:外観がきれいになる。化粧もたしなみのひとつ。本当の年齢より年上に見せることもできる(ただし20代前半までに限った話です)。印象を多種多様に変えられる。

歯の美容ケアが必要と思っている女性は確かに増えているが、実生活に取り入れているという人はそう多くはない。その理由で一番多いのが、「どのようにケアすれば効果的なのかよく知らない」ということだ。

特に夜22時~2時までの240分間は皮ふのゴールデンタイムと呼ばれ、肌の新陳代謝が更に促される時間帯です。ここで良く眠ることが一番良いスキンケアの方法といえるでしょう。

審美歯科というものは、美に主軸を据えた総合的な歯科医療。歯の果たす役割には物を噛むなどの機能的な一面と、清潔感を与えるなど審美的な側面があり、両方とも健康においては非常に重要な要素だと言える。

美白化粧品だということを正式な商品説明でアピールするためには、まず薬事法を制定している厚労省に認められている美白物質(よく扱われるのはアルブチン、コウジ酸等)が含まれている必要があるのだ。

肌の生成に欠かせないコラーゲンは、有害な紫外線をもろに浴びたり何らかのダメージを頻繁に受けたり、心や体のストレスが蓄積したりすることで、破壊され、終いには生成することが困難になっていくのです。

患者さんは一人一人肌の質は違いますし、生まれつきドライスキンなのか、もしくは後天性の要素によるドライスキンなのかに応じて治療の仕方に関わってきますので、思っている以上に注意が必要なのです。

よく女性誌や美容本には、小顔になる、肌がきれいになる、痩身効果があり、デトックスできる、免疫アップなど、リンパ液の流れを良くすれば1思い通りにいく!という魅力的なフレーズが並んでいる。

心臓から離れている下半身は、重力の関係でリンパの流動が鈍くなることが通常。むしろ下半身に起こるむくみは、リンパ液がやや鈍くなっているという体からのサイン程度のものだと解釈するほうがよい。

肌の奥底で生まれる細胞はじわじわと皮膚の表層へと移動し、結果的に皮膚の表面の角質となって、約28日経つと剥がれ落ちます。これらの活動がターンオーバーなのです。

全身に存在するリンパ管と同じように走っている血の循環が悪くなると、いろんな栄養や酸素が隅々まで届きにくくなり、最終的には余分な脂肪を増量させる元凶となります。

ここ数年で一気に市民権を得たデトックスとは、人間の身体の中に蓄積してしまっているあらゆる毒素を排除することを重視した健康法で誰にでも行える代替医療に類別されている。「取り除く=解毒」という意味を持つ「detoxification」を短く表現した言葉である。

日常的に爪の具合に配慮しておくことで、軽微な爪の異変や体の異変に気を配って、より自分に合ったネイルケアを探し出すことができるはずだ。

我が国では、肌色が明るく黄ぐすみや茶色いシミの存在しない状態を好ましく受け止める風習が以前から浸透しており、「色の白いは七難隠す」という有名な諺もある。