頬ほっぺたやフェイスラインの弛みは老けて見えてしまう原因に。お肌のハリや表情筋の老化が弛みを引き起こしますが、実のところ普段おこなっている何気ない癖も誘因のひとつです。

元来ヒアルロン酸(hyaluronic acid)は細胞間に多数含まれ、水分保持やクッション材の働きをして細胞を防護していますが、年齢にともなって体内のヒアルロン酸はどんどん減っていきます。

夏、強い紫外線を浴びたときに極力ダメージを抑える方法を3つ伝授します。1.日焼けしたところを冷やす2.普段より多くローションをつけてしっかり保湿3.シミにならないようにめくれてきた皮をむいては絶対に駄目だ

化粧の悪いところ:泣いてしまうとまるで修羅のような顔になってしまう。ほんのちょっと間違えても下品になって自爆してしまう。顔の造りをごまかすのには甚だ苦労する事。

メイクの短所:ランチタイムには化粧直しをしないといけない。洗顔してすっぴんに戻った時のギャップ。化粧品の出費が嵩む。ノーメイクでは人に会えないという強迫観念のような思い込み。

幅広い年代の女性に親しまれているピーリングとは、古くなった不要な角質を専用化粧品などでピール(peel:皮をはぐの意味)し続けることによって、まだ若くてトラブルのない角質に入れ替え、新陳代謝を促す定番の美容法です。

デトックスというのは、特別な健康食品の飲用及びサウナなどで、そうした身体の中の有害な毒素をできるだけ体外へ排出してしまおうとする技術のことを言う。

心臓の遠くにある下半身は、重力の関係によってリンパ液の流通が悪くなるのが普通である。というよりも、下半身のむくみはリンパが少し悪くなっていますよという証の一種程度のものだと捉えたほうがよい。

尿素水とグリセリンにヒアルロン酸(hyaluronic acid)を添加して作られた美肌水は保湿力が高いため皮膚に優しく、皮ふが乾燥しやすい人に最適です。防腐剤や芳香剤等の余分なものを加えておらず、敏感肌の人でも使えます。

皮膚の若さを作り出すターンオーバー、要はお肌を入れ替えることが可能なタイミングは極めて限られており、深夜睡眠を取っている間だけだそうです。

ここ日本における美容外科の歴史の中で、美容外科が「由緒正しき医療」だとの認知と地位を手中に収めるまでには、案外時間を要した。

美容外科(Plastic Surgery)は、人間の体の機能上の損壊や変形部の修正よりも、専ら美的感覚に基づいて全身の外観の改善を目指すという臨床医学の一種であり、完全に自立している標榜科目のひとつである。

歯のビューティーケアが必須と感じる女性は多くなっているものの、実際におこなっているという人は少ない。その理由の中で一番多いのが、「自分だけではどのようにケアすれば効果的なのかよく知らない」という思いだ。

乾燥肌というのは、お肌に含まれる角質細胞間脂質(セラミド)と皮脂分泌の量が通常のレベルよりも低落することで、皮膚にある水分が失われ、表皮がカサカサに乾燥してしまう症状を指し示しています。

歯の美容ケアが肝心と思う女性は確かに多くなっているが、実践しているという人は多くはない。最も多い理由が、「自分だけではどうやってケアすればよいのかよく知らない」というものらしい。