身体中に分布しているリンパ管に沿うように動いている血の流れが悪化すると、必要な栄養や酸素が隅々まで配られにくくなり、結果として脂肪を多く定着させる素因となります。

皮膚の若々しさを保つ新陳代謝、換言すれば皮膚が生まれ変わることが出来る時というのは一部に限定されていて、それは夜間眠っている時しかありません。

ドライスキンとは、皮膚に含まれる角質細胞間脂質(セラミド)と皮脂の量が通常よりも減衰することで、肌(表皮)から水分が失われ、肌の表皮がパリパリに乾いてしまう症状を示します。

日本皮膚科学会の判別の目安は、①強い掻痒感、②特徴のある皮疹とその分布域、③慢性的に反復する経過、3点全部該当する疾患をアトピー(atopic dermatitis)と言う。

現代を生きていくにあたり、身体の中には人体に悪影響を及ぼすというケミカルな物質が増え、その上に私たちの体の中でも老化を促すフリーラジカルなどが作られていると喧伝されているようだ。

歯のビューティーケアが必要と感じている女性は多くなっているものの、実際にやっているという人は少数だ。その最多の理由が、「自分一人ではどう手入れしたらよいか知らない」という思いだ。

貴方には、自分の内臓は何の問題もないと断言できる根拠がおありですか?“ダイエットが成功しない”“すぐに肌が荒れてしまう”などの美容にまつわるトラブルにも、実際は内臓の状況がキーポイントとなっています!

女性が読む雑誌でまるでリンパの滞留の代名詞のような扱いで書かれる「浮腫」には2つに大別して、体の中に潜んでいる病気によるむくみと、何も病気を持っていない健康な人でも発生するむくみがあるとのことだ。

皮膚の若々しさを作るターンオーバー、要するに肌を入れ替えることが可能なタイミングは極めて限定されており、それは夜間に眠っている時だけなのだそうです。

中でも夜の10時~2時までの240分の間はお肌のゴールデンタイムと呼ばれ、お肌の新陳代謝が更に活発化する時間帯です。この240分間によく寝ることが一番有効なスキンケアの方法ということは間違いありません。

マスカラなどのアイメイクを落とすときにしっかり落としたいあまりにゴシゴシと強くこするように洗ってしまった場合、お肌が傷ついたり酷い場合は炎症を起こしたりして色素沈着へとつながり、目の下の隈の元凶となります。

化粧の良いところ:新しいコスメが出た時のドキドキ。化粧前のすっぴんとのギャップが愉快。数多あるコスメに資金をつぎこむことでストレスを発散できる。メイクアップ自体の楽しみ。

肌の乾燥によるかゆみの誘因の大半は、老化に縁る角質の細胞間脂質と皮脂の量の衰退や、ボディソープなどの頻繁な洗浄による皮膚の保護機能の消滅によって発生します。

ホワイトニング化粧品であることをパッケージなどでアピールするためには、薬事法を取り仕切っている厚労省の認可が下りている美白に効果を発揮する成分(よく使われるのはアルブチン、こうじ酸の2つ)を含んでいる必要があります。

指で押しても戻る皮膚のハリ。これを生み出しているのは、みなさんご存知のコラーゲン、すなわち蛋白質なのです。バネの役目をするコラーゲンが十分に皮膚を持ち上げていれば、肌はタルミとは無縁でいられるわけです。