胸部圧迫感を主訴とする狭心症の外科手術では大体「大動脈バルーンパンピング法(IABP)」と「大動脈冠動脈(だいどうみゃくかんどうみゃく)バイパス術(CABG)」の二つの異なる手術の方法が熱心に利用されています。

「肝機能の衰退」は、血液検査のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)やアラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)、γ-GTP(ガンマGTP)など3種類の値で診ることができますが、ここ2、3年肝機能が衰えている人数が明らかに増加していると言われています。

植物栄養素とも呼ばれるフィトケミカルの一つのスルフォラファンというブロッコリーに含まれる揮発性の物質について、肝臓が分泌する解毒酵素そのものの正常な産出を支えているのではないかという新たな真実が見えてきました。

お薬、アルコール、化学調味料を始めとした食品添加物などの物質を特殊な酵素によって分解し、無毒化する事を解毒と称しており、肝臓の担う非常に大切な任務のひとつだということは間違いありません。

食中毒を起こすことで知られるブドウ球菌(英:staphylococcus)はパープルに染色されるグラム陽性球菌であり、大別すると毒が極めてきつい黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus…staphylo-は「ブドウの房」の意)と毒素が軽微なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)の2種になっています。

比較的若い世代で感染症の一種である結核に抗する力の無い人たちの割合が高いことや、早合点のために診断が遅れることが誘因の集団院内感染の発生頻度が高いようです。

体重過多に陥っている肥満はもちろんあくまで摂取する食物の種類や食生活の質、運動不足などが要因ですが、内容量の変わらない食事をとっていても、慌てて食べ終わる早食いを続けていれば肥満(obesity)を招きやすくなると考えられています。

体脂肪の量(somatic fat volume)には変動がなく、体重だけが飲食や排尿などによって短時間で増減するケースでは、体重が増加した人は体脂肪率は低下し、体重が減少した方は体脂肪率が上昇するのです。

針を体に刺してもらう、というフィジカルな何か所もの刺激は、神経細胞の活動を促し、神経インパルスという名の電気信号の伝達をもたらすと言われているようです。

基礎代謝(きそたいしゃ)というものは人間が横臥位でじっとしていても消費してしまうエネルギーのことですが、その半分以上を全身の骨格筋・内臓の中で最も大きな肝臓・多量の糖質を必要とする脳が占めているということはあまり知られていません。

HIV(human immunodeficiency virus)を持つ精液や血液の他、女性の母乳や腟分泌液といったあらゆる体液が、看病する人や交渉相手などの傷口や粘膜部分等に触れると、HIV感染の可能性があります。

結核菌(Mycobacterium tuberculosis)は、保菌者が咳き込むことによって内気の中に散布され、空中でふわふわと飛んでいるのを別の誰かが呼吸しながら吸い込むことでどんどん感染していきます。

パソコン画面の強い光を軽減させる効果のあるレンズの付いた専用メガネが今人気を集めている要因は、疲れ目の低減にたくさんの人が挑んでいるからだと推測されます。

季節性インフルエンザ(seasonal influenza)のワクチンでは、今日までの膨大な研究により、ワクチンの予防効果が見通せるのは、注射の約2週後から約150日ほどだろうと言われています。

複雑骨折したことにより酷く出血した際に、急に血圧が下がって目眩や冷や汗、吐き気、立っていなくても起こる意識消失などの不快な脳貧血の症状が出てくることがよくあります。