肥満の状態というのは勿論あくまで食生活の内容や運動不足などが誘因ですが、一緒の量のごはんであったとしても、短時間で食べ終わる「早食い」を続ければ肥満(obesity)の状態を招く可能性があります。

基礎代謝(きそたいしゃ)というのは人間が何もせずにじっとしていても使用するエネルギーのことですが、大部分を様々な筋肉・最も大きな内臓である肝臓・脳の3種類で消費しているとのことです。

春に患者が増える花粉症とは、山のスギやヒノキ、マツ、ヨモギなどの飛散するタイプの花粉に誘発され、くしゃみ・頭重感・微熱・鼻水などの辛くてゆううつなアレルギー症状を引き起こす病気として認識されています。

世間では水虫といえばまず足を連想し、特に足の裏や指の間に現れる皮膚病として知られていますが、原因菌である白癬菌が感染するのは決して足だけではないので、体のどこにでもかかってしまう恐れがあるので注意してください。

生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓(すいぞう)の血糖値を下げるインスリンの源であるβ細胞が何らかの理由でダメージを受けてしまったため、結果的に膵臓からインスリンがほとんど分泌されなくなることで発病するというタイプの糖尿病なのです。

必要な栄養素を網羅した食事を1日3回とることや運動は勿論、健康増進やビューティーを目的として、欲しい栄養を補うために様々なサプリメントを飲む行為が常識になってきていると言われています。

明るくない所だと光量が足りなくてものが見辛くなりますが、さらに瞳孔が開いてしまうため、眼球のピントを合わせるのに不必要な力がかかり、結果的に光の入る場所で物を見るより疲労が大きいと言えます。

UV-Bは、UV-Aに比べると波長が短いという特徴があり、大気中のオゾン層を通過する際にその一部が吸収されますが、地表まで届いたUV-B波は肌の表皮の内側で細胞のデオキシリボ核酸(DNA)を破損させたりして、皮膚に良くない影響を与えます。

杉花粉が飛散する1月から4月の頃に、乳幼児が体温は平熱なのに頻繁にくしゃみをしたり水っ洟が止まる気配をみせない状態なら、『スギ(杉)花粉症』の可能性が高いかもしれません。

毎日の規則正しい、穏やかな日常生活の継続、腹八分目の実行、程よい運動やスポーツなど、古臭いとも思える体についての意識が皮ふのアンチエイジングにも役立つといえます。

下腹の疝痛を主訴とした病には、大腸粘膜が嚢状に突出する大腸憩室症、石ができる尿路結石症、難病指定されている潰瘍性大腸炎、腹部外傷や消化器疾患が原因で起こる急性腹膜炎、女性特有の病気等の病名が挙げられるようです。

アメリカやEU圏では、新しい薬の特許が満了した約1ヶ月後、市場の約8割がジェネリック医薬品(Generic drug、後発医薬品)に替わるという医薬品もあるほど、ジェネリックは各国で採用されているという現実があります。

チェルノブイリ原発の事故に関する被害者の後追い調査の結果では、大人と比較して若い子供のほうが漏れた放射能の深刻な影響をより受けやすいことを痛感します。

環状紅斑というものは輪状、要するに円い形状の真っ赤な発疹など、皮ふ病の総称であり、因子はまったくもっていろいろです。

物を食べる時は、食べたい物をなんとなく口に運んで何度か噛んで飲み下すだけだが、それから人体は実に律儀に動いて食物を体に取り込むように励んでいるのだ。