肌の細胞分裂を活性化し、皮ふを生まれ変わらせる成長ホルモンは昼間の勉強などの活動している際はほぼ出なくて、夕飯を済ませてゆっくりと体を休め穏やかな状態で出ます。

メイクの良いところ:新しい製品が出た時の楽しさ。素顔とのギャップが楽しみ。いろんな化粧品に散在することでストレス解消になる。メイクをすることそのものに面白みを感じる。

美容目的で美容外科の施術をおこなうことについて、恥という気持ちを抱く方も割と多いので、施術を受けた人の名誉及び個人情報に被害を与えないように注意が特に重要とされている。

患者によって肌の性質は異なりますし、先天性の要素によるドライ肌なのか、もしくは後天性のものによるドライ肌なのかに応じて治療方針に大きく関わってきますので、案外注意が必要とされます。

健康的な肌の新陳代謝は28日周期になっており、いつも新しい肌細胞が生まれ、日々取り去られています。これらの「毎日の生まれ変わり」によって私たちのお肌は若々しい状態を保っています。

「デトックス」術にリスクやトラブルはまったくないと言えるのだろうか。だいたい、体内に溜まるとされる「毒物」とは一体どのようなもので、その毒物とやらは果たして「デトックス」の力で体外へ排出できるのだろうか?

浮腫む原因はたくさん考えられますが、気圧など気候による悪影響もあることを知っていますか。気温が上昇して大量の水を飲み、汗をかく、この期間にこそ浮腫みになる原因が内在するのです。

よく女性誌や美容本には、小顔になって肌が美しくなり、痩身、デトックス作用がある、免疫力の向上など、リンパを流しさえすればすべてのことが大成功!という魅力的なフレーズが軒を連ねている。

この国において、肌色が明るくて淀んだくすみやシミの見られない状態を理想とする風習は以前から根付いており、「色の白いは七難隠す」という諺もあるほどだ。

思春期は過ぎているのに発現する難治性の“大人ニキビ”の社会人が多くなっている。10年間この大人ニキビに苦痛を感じ続けている多くの人が専門の皮膚科にやってくる。

ここ数年で一気に浸透したデトックスとは、身体の内側に澱のように溜まったあらゆる毒素を体の外へ排出させるという古くからの概念を継承した健康法で美容術というよりも代替医療に分けられる。「detoxification(取り除く)」を短く表現した言葉である。

掻痒などに悩まされるアトピー性皮膚炎の要因として、1.口腔内や肺、腸内や表皮等におけるフローラ(細菌叢)、2.遺伝的な原因、3.栄養面での要素、4.環境面での因子、5.1~4以外の要素の意見などが主に挙げられる。

あなたには、自分自身の内臓が元気で健康だと言える根拠がどのくらいあるでしょうか?“全然痩せない”“すぐに肌が荒れる”などの美容の悩みにも、なんと内臓の健康度がキーポイントなのです!

夏場にたくさん汗をかいて体内の水分量が減少してくるとおしっこの量が減らされて体温調節に必要な汗用の水分がストックされるために、この余剰な水分こそがあの浮腫みの原因になっているということです。

知らない内にPCやスマホの画面に集中してしまって、眉間にはシワ、且つ口角を下げたへの字ぐち(このスタイルを私は別名「富士山口」と勝手に呼んでいます)をしているのではありませんか?これはお肌にとって最悪です。