美白(びはく)という言葉は95年から99年頃にかけて美容研究家の鈴木その子の台頭とともにブームになったが、それ以前からメラニン増加による黒ずみ対策において採用されていた。

もともと、健康なお肌のターンオーバーは28日周期になっており、いつも細胞が作られ、1日毎に剥落しているのです。このような「日々の生まれ変わり」によって皮膚は若々しい状態を保っています。

アトピーは「場所が不特定」という意味を持つアトポス(ギリシャ語)が語源で、「遺伝的な原因を持つ人に表出する即時型アレルギー反応に基づいた病気」に対し名前が付けられたのだ。

歯の美容ケアが必須と認識している女性は増加傾向にあるものの、行動に移している人は多くはない。その理由で最多なのは、「自分だけではどうケアしたらよいのか知らない」という思いだ。

メイクアップでは目立たなくすることに主軸を据えるのではなく、リハビリメイクを通じて結果的には患者さん自身が自らの容貌を受け入れることができ、復職など社会に復帰すること、かつQOLを更に上げることが目標なのです。

審美歯科(cosmetic dentistry)とは、美しさを主軸に据えたトータルな歯科医療のこと。歯の働きには物を噛み潰すなどの機能面と、審美的な側面があるが、2つとも健康については外せない要素だと言える。

頭皮は顔の肌とつながっていて、おでこまでは頭皮と等しいものだと捉えることはさほど知られていません。歳を重ねるにつれてスカルプがたるむと、フェイスラインのたるみの要因になります。

普段から爪のコンディションに配慮することで、僅かな爪の異変や体の異常に配慮し、更に自分に合ったネイルケアを習得することができる。

強いUVを浴びたときになるべくダメージを小さくする方法を3つ紹介しましょう。1.日焼けした場所を冷却する2.普段より多く化粧水をパッティングしてきちんと潤いを保持させる3.シミにならないようにはがれてきた皮を剥いては駄目

スポーツなどでたくさん汗をかいて体のなかの水分が著しく少なくなると自然におしっこが減らされて体温調節に必要な汗用の水分が蓄えられるため、この水分が使われずに実はむくみの原因になっていると言われています。

審美歯科(しんびしか)というのは、美に主軸を据えたトータルな歯科医療分野のこと。歯の務める役目には機能面と清潔感を与えるなど審美的な側面があり、双方健康という目で見ればとても大事な要素だと断言できる。

本来ヒアルロン酸(hyaluronic acid)はヒトの細胞間に多数存在しており、水分を蓄えたり衝撃を和らげるクッションの効果で大切な細胞をガードしていますが、加齢にともなって体の中のヒアルロン酸は年々減少していくのです。

ほっぺたや顔の弛みは年老いて見られる要因です。皮膚の弾力や表情筋と呼ばれる筋肉の緩みがたるみに繋がりますが、加えていつもおこなっているささいなクセも誘因になるのです。

肌の奥で生み出された細胞はちょっとずつスローペースで皮ふの表面へと移動し、最終的には肌表面の角質となって、約一カ月後に剥がれていきます。このシステムがターンオーバーの内容です。

よく美容雑誌でリンパ液の停滞の代表みたいに掲載される「浮腫」には大別して、身体の中に潜伏している病気によるむくみと、なにも病気を持っていない人でも現れる浮腫があるということらしい。