美容目的で美容外科の施術を受けたことに対し、恥だという感覚を抱く患者も少なくないため、手術を受けた人たちのプライドや個人情報を冒涜しないような気配りが特に求められている。

常時爪の健康状態に注意を払っておくことで、見逃しそうなネイルの変調や体の異変に気を配り、もっと適切なネイルケアを作り出すことが可能になるだろう。

皮ふの乾燥の誘因である角質層の細胞間脂質と皮脂の量の下落は、アトピーのように遺伝子レベルの要素によるものと、年齢や洗浄料などによる後天的要素によるものの2種類に分かれます。

貴方には、ご自分の内臓は健康だと断言できる自信がどれだけありますか?“全然やせない”“すぐに肌が荒れてしまう”などの美容にまつわる悩みにも、なんと内臓の健康状態が関係しています!

肌の新陳代謝が狂ってしまうと、様々なお肌のエイジング現象や肌トラブルが起こるようになります。シワ・濃くなるしみ・顔色がパッとしないくすみ・クマ・たるみ・嫌な肌荒れ・突っ張るような乾燥など、挙げればキリがないくらいです。

硬直したままでは血行も悪くなりがちです。挙句、下まぶた等顔のあらゆる筋繊維の力が低下します。顔の筋繊維も適切なストレッチをして、時々緊張をほぐすことが重要です。

湿疹などが出るアトピー性皮膚炎の素因としては、1.腸内や表皮、肺、口腔内等による細菌叢(フローラ=Flora)、2.遺伝的な問題、3.食物の栄養要因、4.生活環境、5.それ以外の要素の見解が現在は主流だ。

特に女性に広く知られているデトックスとは、人間の身体の中に澱のように溜まっているあらゆる毒素を体外に排出させるという分かりやすい健康法でダイエット法というよりも代替医療に区分けされている。「detoxification(ディトクシフィケーション、取り除く=解毒)」の短縮形であり、本来は肝臓に関連した言葉である。

肌の乾燥による掻痒感の要因の大半は、加齢に伴う角質層の細胞間脂質と皮脂の量の低落や、メイク落としなどの頻繁な使用に縁る皮ふのブロック機能の衰えによって出てきます。

下半身は心臓から離れた位置にあるため、重力によってリンパ液が悪化するのが通常。むしろ下半身の浮腫は、リンパ液がわずかに悪くなっているという表れ程度のものだと解釈するほうがよい。

「デトックス」という言葉そのものはそんなに目新しくはないが、これはあくまでも代替医療や健康法に過ぎず、「治療」行為とは違うことを認知している人は少ないのである。

ほとんどの場合慢性へと移るが、効果的な加療により病状・症状が抑制された状態に維持できれば、自然治癒も期待できる疾患なのである。

アイメイクを落とす時にきれいに落としたい一心でゴシゴシと強くこすって洗うのが習慣になってしまうとお肌が傷ついたり発赤等の炎症を起こして色素沈着を招き、目の下の茶色いくまの元凶になるのです。

日本皮膚科学会の診断の目安は、①強い痒み、②特徴的な発疹とその配置、③慢性及び反復性の経過、3つすべてにチェックが入るものを「アトピー性皮ふ炎(atopic dermatitis)」と呼んでいる。

メイクアップではアザなどを目立たなくすることに重きを置かず、リハビリメイクを介して最終的に患者さん本人が自らの外観を認知し、復職など社会生活への再出発を果たすこと、加えてQOL(クオリティーオブライフ)を今よりも向上させることが目標なのです。