植物に存在する化学物質、フィトケミカル(phytochemical)のひとつであるスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれている物質が、肝臓に存在する解毒酵素そのものの正常な製造活動を促しているかもしれないという真実がわかってきたのです。

内臓に脂肪が多いことによる肥満があった上で、脂質過多、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧」、血糖(sugar in the bloodblood sugar)のうち2項目か3項目全てに相当するような状態のことを、メタボリック症候群と呼んでいます。

日々の折り目正しい日常生活の維持、食べ過ぎないこと、正しい運動や体操等、古典的とも言える自分の健康への注意が老化防止にも関係しているといえます。

塩分と脂肪の大量摂取は中止して自分に合った運動に努め、ストレスの多すぎない日常生活を心がけることが狭心症を起こす動脈硬化を防ぐ方法なのです。

気が付くと横向きの状態でテレビを見つめていたり、思いっ切り頬杖をついたり、かかとの高い靴等をよく履くといった習慣的なことは身体の左右の均衡が崩れる因子になります。

通常ならば骨折はしない位のごく小さな力でも、骨の狭い個所に何度も繰り返して継続的にかかることによって、骨折へとつながることもあります。

素人が外から見ただけでは骨が折れているのかどうか自信がない時は、怪我をした地点の骨をごく弱い力で突いてみて、もしそのポイントに激しい痛みを感じたら骨折の疑いがあります。

トコトリエノールの機能としては抗酸化機能が格段に認知されていますが、更に肌を美しくする効果や、血清コレステロールの産生を抑制したりすることが認められています。

ばい菌やウィルスなど病気を連れてくる微生物、すなわち病原体が呼吸とともに肺へ侵入し発症し、左右いずれかの肺が炎症反応を露呈している事態を「肺炎」と言います。

なんとなく「ストレス」というのは、「無くさなければいけない」「取り去るべき」と捉えがちですが、その実、我々人間は色々なストレスを感知するからこそ、活動していくことに耐えられるのです。

セロトニン(5-HT)神経は、自律神経を調節したり痛みの制圧、色々な覚醒などをコントロールしていて、鬱病の患者さんはその働きが弱いことが分かっている。

もしも検査で残念ながら女性ホルモンの量が基準値を下回っていてPOFだと分かったら、不足している分の女性ホルモンを補充してあげる治療等で改善が望めます。

期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、病気でなくても現れることがあるのでさほど深刻な重病ではありませんが、発作が数回に渡って続けて発生する場合は危険だといえるでしょう。

環状紅斑とは何かというと環状、すなわちまるい形をした紅色の発疹・湿疹や鱗屑(りんせつ)など、皮ふのトラブルの総称ですが、その素因は本当にいろいろだといえるでしょう。

アメリカやヨーロッパでは、新しく開発された薬の特許が切れてから約30日後、市場のおよそ80%がジェネリック(後発医薬品)に取って代わるような医薬品もあるほど、ジェネリックは世界に知られているのです。