患者によって肌の性質は異なりますし、先天的なものによるドライ肌なのか、それとも生活習慣など後天的なものによる乾燥肌なのかというタイプに応じて治療の内容が違ってきますので、最大限の注意が必要とされるのです。

審美歯科(cosmetic dentistry)とは、美しさを重視した総合的な歯科医療分野のひとつ。歯が担う役割には物を噛むなど機能的な一面と、表情を明るくみせるなどの審美面があり、両方とも健康に関係する欠かせない要素だと考えられる。

肌の美白ブームには、90年代初頭からあっという間に女子高校生などに受け入れられたガングロなど、不自然なほど極度に日焼けする渋谷系ギャル文化への進言ともとれる精神が存在するのだ。

顔の加齢印象を高める代表的な理由のひとつが、歯に付着した”蓄積くすみ”です。歯の外側には、見えないくらい小さなデコボコがあり、日常生活の中でカフェインなどによる着色やタバコのヤニ汚れが蓄積していきます。

本国における美容外科の経歴において、美容外科が「紛れもなく正しい医療」だとの承認を獲得するまでに、結構月日を要した。

メイクの利点:容姿がきれいになる。メイクも嗜みのひとつ。実年齢より年上に見てくれる(ただし10代~20代前半限定の話)。人に与える印象を気分でチェンジすることが可能。

美白用化粧品であることをオフィシャルに謳うには、まず薬事法を取り仕切っている厚労省に認可された美白の有効成分(よく扱われるのはアルブチン、コウジ酸など)を使う必要があるそうです。

顔色を良く見せたいと考えてやみくもにフェイシャルマッサージをする人がいらっしゃいますが、ことさら目の下の皮膚は敏感で弱いので、ゴシゴシとこするように手を動かすだけの粗っぽいフェイシャルマッサージは悪影響をもたらします。

頭皮は顔面の皮ふにつながっており、額までの部分をスカルプと同じものと捉えるのはさほど知られていません。年齢を重ねるにつれて頭皮がたるむと、その下にある顔の弛みの要因となってしまいます。

ネイルケアというのは、爪や手指などの手入れを指す。美容だけでなく、ヘルスケア、医者による医療行為、生活の質の保全といった多種多様な扱い方が存在し、もはやネイルケアは確立された分野となっているのは自明の理である。

外見を装うことで気持ちが活発になって余裕が生まれるのは、顔面に悩みを抱えている人もいない人も違いはありません。私はメイクアップを自ら元気を見つけ出す最良の技術だと捉えています。

日本の医学界全体がQOL(quality of life=生活の質)を重視する風潮にあり、経済の進歩と医療市場の大幅な拡充により、美意識に基づいた美容外科(Cosmetic Surgery)は4~5年前ぐらいから注目を集めている医療分野だということは間違いない。

早寝早起きと並行して週2、3回自分が楽しいと感じることをすれば、体の健康の度合いは上昇するのです。このようなこともあり得るので、アトピー性皮膚炎の方は皮膚科を受診するようにしましょう。

押し返してくるのが皮ふの弾力感。これを生み出しているのは、誰もが知っているコラーゲン、つまりは蛋白質です。スプリングのようなコラーゲンが確実に皮ふを持ち上げていれば、お肌はたるみとは無縁でいられるわけです。

昼間なのに普段そんなに浮腫まない顔や手がパンパンに浮腫んだ、十分眠っているのにも関わらず両脚のむくみが取れない、といった症状は疾患が隠れている恐れがあるのでかかりつけ医による迅速な治療を早く受けることが重要です。