審美歯科(しんびしか)というのは、美を重視したトータルな歯科医療の分野。歯の存在意義には物を噛み潰すなどの機能面と、表情を明るくみせるなど審美的な側面があり、いずれも健康面では大事な要素であろう。

細胞が分裂する活動を活発にして、皮ふを再生させる成長ホルモンは昼の活動している途中ではほぼ分泌されなくて、日が暮れてからゆったりと身体を休め寛いでいる状態で分泌されると言われています。

この国では、肌が白くて淀んだくすみや大きなシミが見られない状態を望ましいと思う価値観が以前から浸透しており、「色の白いは七難隠す」ということわざもあるほどだ。

あなたには、自分の内臓は健康であると言い切れる自信がどのくらいおありですか?“全然やせない”“肌荒れが気になる”といった美容に関するトラブルにも、実際は内臓の動きが深く関係しています!

メイクの利点:容貌が向上する。お化粧も礼儀のひとつ。実年齢より大人っぽく見られる(ただし20代前半まで限定の話)。印象を気分で変貌させることができる。

日本皮膚科学会の判断指標は、①強い痒み、②特徴のある皮疹とその拡散エリア、③慢性で反復する経過、3項目全部チェックが入る疾患をアトピー(アトピー性皮膚炎、atopic dermatitis)と言う。

深夜残業、終電帰りの食事会、深夜に及ぶスポーツ観戦・翌日の夫のお弁当作りや朝食の支度…。皮膚に悪いということは承知していても、日々の生活では8時間もの睡眠を取れていない人が多いのは明らかです。

軟部組織マニプレーションとは一部の筋肉や骨格が主因で位置が合っていない臓器をもともと存在したであろうポジションに戻して臓器の機能を活性化させるという治療なのです。

どうにかできないものかという気持ちでやみくもにマッサージをする人もいますが、ことさら目の下の表皮は刺激に敏感なので、ただただゴシゴシと圧力を与えるだけの乱暴なマッサージであれば悪影響をもたらしかねません。

あなたには、ご自分の内臓は元気だと言えるだけの根拠がどれだけありますか?“ダイエットしても痩せない”“すぐに肌が荒れる”といった美容に関する悩みにも、意外に思われるかもしれませんが内臓の機能がキーポイントとなっています!

爪の作られる行程は年輪のように刻まれるというものであるために、その時に健康かどうかが爪に反映されることがよくあり、髪の毛と共通するようにすぐに視界に入って分かりやすいため健康のバロメーターとも言われているらしい。

スカルプは顔のお肌に繋がっているため、おでこまではスカルプと一緒のものだと捉えることはあまり知られていない事実です。歳を重ねるにつれてスカルプがたるみ始めると、その下にあるフェイスラインのたるみの主因となります。

指で押しても元通りになる弾むようなお肌のハリ。これを操っているのは、あのコラーゲン、すなわち蛋白質です。バネの機能を持つコラーゲンが正常に皮膚を支えていれば、嫌なタルミとは無縁でいられるわけです。

中でも就寝前の歯磨きは大事。歯の表面に付着した“蓄積くすみ”を取り除くため、夜間はきちんと歯磨きしましょう。ただ、歯磨きは回数が多ければ良いというものではなく、内容の質をアップさせることが大事だといえるでしょう。

肌の透明感をキープする新陳代謝、換言すれば肌を生まれ変わらせることが可能な時間というのは極めて限定されており、それは日が落ちて夜寝る時しかないということです。