夏、強い紫外線を浴びたときになるべくダメージを小さくする方法を3つ。1.日焼けして赤くなっているところを冷やす2.ふんだんにローションをはたいて潤いを保持する3.シミを防ぐためにも剥がれてきた皮をむいては絶対にいけない

本来、健康なお肌の新陳代謝は28日周期になっていて、365日肌細胞が作られ、何時も剥落し続けています。こうした「日々の生まれ変わり」によって皮膚は若々しさを保ち続けています。

現代を生き抜く私たちは、1年365日体の中に蓄積されていく凶悪な毒を、多種多様なデトックス法を使って体外へ追いやり、ワラにもすがる想いで健康な体を手に入れたいと皆努力している。

顔などの弛みは不必要な老廃物や余った脂肪が集積することにより徐々に悪化します。リンパの流動が遅れがちになると色々な老廃物が溜まり、浮腫が生じたり、余った脂肪が付きやすくなり、たるみの要因になります。

20代になってから発生する、治りにくい“大人のニキビ”の社会人がじわじわと増加している。10年間もこうした大人ニキビに苦しまされている方が専門の皮膚科に来ている。

身体中のリンパ管に並ぶように走る血の流れが滞ってしまうと、栄養や酸素(O2)がうまく配られず、結果として脂肪を多く定着させる因子となります。

加齢印象を与えてしまう最も重要な要因のひとつが、歯に付着した”蓄積クスミ”です。一見ツルツルしている歯の表面には、目には見えないくらい小さな凹凸があり、日々の生活の中で黄ばみや煙草の脂などの汚れが蓄積しやすくなります。

お肌の細胞分裂を促進して、肌を再生させる成長ホルモンは日中の勉強などの活動している時にはほとんど分泌されず、夕飯を済ませてゆっくり体を休め落ち着いている状態で出るためです。

肌の美白指向は、1990年辺りからじわじわと女子高校生などに拡大したガングロなど、不自然なほど異常に日焼けする奇異なギャル文化への反論的なメッセージ性が含まれているのだ。

メイクの利点:外見が向上する。メイクもたしなみのひとつ。実際の年齢より年上に見せたいという願いを叶えてくれる(ただし10代から20代前半限定)。人に与える自分のイメージを好きなようにチェンジすることができる。

美容外科というのは、要するに外科学の一種で、医療がメインの形成外科学(plastic surgery、plastic…形を作るの意)とは異質のものである。また、整形外科とも間違われがちだがこれとはまったく分野の違うものである。

スカルプケアの主だった役割とは健康的は髪の毛を保つことにあります。頭髪の水分が失われてパサパサして艶がなくなったり抜け毛が増えるなど、多くの人が髪の困り事を抱えているようです。

どこにも問題のない健康な体にみられるむくみだが、これはむくんで当然。ことに女の人は、夕方のふくらはぎのむくみを嫌がるが、人間ならば、下半身が浮腫むということはいたって一般的な状態なのでそこまで神経質になる必要はない。

動かずに硬直した状態では血行が悪くなりがちです。最終的には、下まぶたを筆頭に顔中の筋繊維の力が低下します。そこで顔の筋肉もよくストレッチをしてあげて、しばしば緊張をほぐしてあげる習慣を付けましょう。

下まぶたにたるみが出現すると、男女を問わずみんな実年齢よりも4~5歳は年上に映ってしまいます。顔の弛みは数多くありますが、中でも殊更下まぶたは目につく部位です。