塩分や脂肪の大量摂取を避けた上で軽い運動に尽力するだけでなく、ストレスのかかり過ぎないような毎日を続けることが狭心症を引き起こす動脈硬化を防ぐ方法なのです。

脚気(かっけ)の症状は、主に手足が何も感じない麻痺状態になったり脚の著しい浮腫などが象徴的で、進行すると、深刻な場合、呼吸困難に至る心不全なども併発する可能性があります。

トコトリエノールの作用としては抗酸化効果が特に認知されていますが、他に肌を美しくしてくれる効果や、血清コレステロールの産生を抑えるということが確認されています。

基礎代謝量(きそたいしゃりょう)は目覚めている覚醒状態で生命を維持していく(心臓の鼓動、口からの呼吸、腎機能、体温や筋緊張の保持等)のに必要なミニマムなエネルギー消費量のことをこう呼んでいるのです。

1型糖尿病というのは、膵臓に内在するインスリンを分泌しているβ細胞が何らかの理由で壊されてしまったことで、その膵臓から血糖値を正常に保てるだけのインスリンが分泌されなくなってしまって発病してしまうという糖尿病なのです。

内臓に脂肪が多いことによる肥満と診断され、脂質過多、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧」、血糖(sugar in the bloodblood sugar)の中で2~3項目に合致する様子のことを、メタボ(メタボリックシンドローム)と名付けました。

ただの捻挫だろうと自己判断し、包帯やテーピングテープなどで固定し、様子をうかがうよりも、応急処置してから急いで整形外科へ向かうことが、結局は早く完治させる近道になるのです。

人間の耳の内部構造は、耳殻側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3つに分類できますが、中耳の部分に様々な細菌やウィルスなどがうつり、発赤等の炎症が起きたり、体液が溜まる症状を中耳炎と言うのです。

男性だけにある前立腺は成長や働きにアンドロゲンがとても密接に関連しており、前立腺に現れてしまったガンも同じように、アンドロゲン、即ち男性ホルモンによって大きくなってしまいます。

耳鳴りには種類があって、当事者しか聞こえないと言われている「自覚的耳鳴り」と、血液が流れる音のように本人だけでなく他の人にも精度の高いマイクロホンを使用してみると感じるという部類の「他覚的耳鳴り」とがあり、処置の仕方が変わります。

体脂肪量(somatic fat volume)には変化がないのに、体重が食事や排尿等で短時間で増減するケースでは、体重が増加すると体脂肪率(body fat percentage)は低下し、体重が減少したら体脂肪率が高くなることがわかっています。

PC使用時の細かなチラつきを低減させるPC専用の眼鏡がいま最も人気を博している訳は、疲れ目の対策法に大勢の人が苦労しているからです。

ストレスが溜まるメカニズムや、便利で有用なストレスのケア方法など、ストレスに関係している正しい知識を学ぼうとする人は、まだ少ないようです。

アルコールや薬、科学的に合成された食品添加物などの物質を酵素により分解して無毒化する働きのことを解毒(げどく)と言い、肝臓の大切な職務の一つなのです。

ジェネリック医薬品(generic drug)というのは新薬の特許が切れてしまった後に売られる、新薬とまったく同じ成分で自己負担分を少なく抑えられる(金額が高価ではない)後発医薬品のことを意味します。