呼吸器感染症の季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、今日までの膨大な研究の成果により、予防の効用が見込めるのは、ワクチン接種したおよそ2週間後からおよそ5カ月間程ということが明らかになりました。

もしも血液検査でやはりエストロゲンなどの分泌量が足りず早発閉経(そうはつへいけい)と分かった場合、足りていない女性ホルモンを補充してあげる手当などで改善が望めます。

花粉症の病状(水っぱな、鼻づまり、くしゃみ等)のために夜よく眠れないと、それが素因になって睡眠不足に陥り、翌日目覚めてからの行動性にダメージを与えるかもしれません。

脂漏性皮膚炎というのは皮脂の分泌異常により引き起こされる発疹・発赤で、皮脂分泌の異常の素因としてはステロイドホルモンの一種である性ホルモンの不均衡やナイアシンなどビタミンB複合体の欠乏等が挙げられます。

エイズはヒト免疫不全ウイルス(HIV=human immunodeficiency virus)の感染によって引き起こされるウイルス感染症の病名で、免疫不全を招いて些細なウイルスなどが原因の日和見感染や癌等を発症する病状を指し示します。

お年寄りや病気を患っている方は、際立って肺炎に弱くなかなか治らない傾向にあるため、事前に予防する意識や早め早めの治療が大事なのです。

ジェネリック医薬品(generic drug)とは新薬の特許が失われてしまった後に発売されるもので、新薬と同一の成分で経済的負担を低くできる(薬の価格が廉価な)後発医薬品のことを意味します。

胸痛を主訴とする狭心症(angina pectoris)の外科治療としては大体「大動脈バルーンパンピング法(IABP)」と「冠動脈大動脈バイパス移植術」の双方の治療が精力的に活用されています。

アミノ酸のひとつであるグルタチオン(Glutathione、GSH)は、細胞の機能を不十分にしたり突然変異を招く有害な物質を体の内部で解毒し、肝機能を促進するような性質が確認されているのです。

UVB波は、UVA波より波長が短いという特性があるためオゾン層を通過する際に一部が吸収されるものの、地表まで届いたUV-B波は皮ふの表皮の中で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid)を損壊するなど、皮膚に悪い影響をもたらしています。

5-HT神経は、自律神経を整えたり痛みの鎮圧、器官の覚醒などを操っており、うつ病(単極性気分障害)の患者はその働きが低下していることが判明している。

「体脂肪率(percent of body fat )」というものは、人の体の中の脂肪の占有している比重であり、「体脂肪率(body fat percentage)=体脂肪量(somatic fat volume)÷体重×100」という計算で調べられます。

基礎代謝(BM)とは人間が横になっていても使ってしまう熱量であり、大部分を体中の骨格筋・内臓の中で最も大きな肝臓・多量の糖質を消費する脳で使うということはあまり知られていません。

不整脈の期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、特に病気ではなくても見られることがあるので珍しい心臓の障害ではないにしても、発作が数回に渡って相次いで発生する場合は危ないのです。

道路交通事故や作業現場での転落など、著しく大きな負荷が体にかかった場合は、複数の部位に骨折が生じたり、骨が外部に露出する複雑骨折となったり、酷い場合は臓器が損壊してしまうこともあるのです。