乾燥肌というのは、お肌(皮膚)の角質細胞間脂質(セラミド)と皮脂分泌の量が通常の値よりも低落することで、肌の表皮から水分が揮発し、表面の角質層がパリパリになる症状を言い表しています。

日常的な寝不足は人の肌にどういうダメージをもたらしてしまうのでしょうか?その代表がターンオーバー(新陳代謝)が乱れること。正常なら28日毎にある肌の入れ替わるスピードが遅れてしまいます。

アイラインやアイカラーなどのアイメイクを落とすときにしっかり落としたいがためにゴシゴシと強くクレンジングした場合、お肌が傷ついたり腫れるなどの炎症を起こして色素沈着し、目の茶色い隈の元凶となります。

メイクアップではアザなどを隠す行為に主眼を置いているわけではなく、メイクを通じて結果的に患者さんが自分の容姿を受け入れ、社会復帰を果たすこと、またQOL(クオリティーオブライフ)を上げることを目標としているのです。

運動や入浴で汗をかいて身体のなかの水分が著しく少なくなると尿が減らされて体温調節に必要な汗のための水分が備蓄されるため、この蓄積分の水分そのものが不愉快なむくみの要因になっています。

尿素(urea)の溶けた水とグリセリン(glycerin)にヒアルロン酸を添加して作られた美肌水は保湿力が高いためお肌に優しく、ドライスキンの人に有効な化粧水です。防腐剤や芳香剤等の余分なものを添加していないため、肌の敏感な方でも使うことができます。

指で押すと返してくる皮膚の弾力感。これを保持しているのは、化粧品でおなじみのコラーゲン、すなわち蛋白質です。バネの役割を担うコラーゲンが正常にお肌を持ち上げていれば、肌はたるみとは無関係なのです。

紫外線を浴びたことによって出来たシミをどうにかして薄くしようとするよりも、シミができないように予め予防したり、お肌の奥に眠っているシミの赤ちゃんを防ぐことの方が有効だということをご存知でしょうか。

内臓矯正というのは一部の筋肉や骨格により位置がおかしくなった臓器を元々なければいけない所にもどして内臓機能を元通りにするという施術なのです。

全身にあるリンパ管に並ぶように移動する血流が遅くなってしまうと、必要な栄養や酸素がうまく行き届かず、不要な脂肪を定着させる原因になるのです。

頬など顔のたるみは実年齢より年上に見られる原因に。お肌のハリや表情筋と呼ばれる筋肉の緩みが弛みを引き起こしますが、それに加えて毎日おこなっているちょっとした癖も誘因になります。

且つ、お肌のたるみに深く結びついているのが表情筋。色々な表情を操る顔に張り巡らされた筋肉です。真皮に含まれているコラーゲンと同様、この表情筋の機能も歳を取るに従い鈍化するのです。

メイクの良いところ:メイク後は自分の顔を普段より好きになれる。顔に無数に点在する面皰跡・くすみ・毛穴・そばかす・ひっかき傷等を隠せる。だんだんと可愛くなっていく楽しさや新鮮味。

アイラインなどのアイメイクを落とす時にメイクをきれいに落とさなければとゴシゴシと強くこするように洗ってしまった場合、皮膚が傷ついたり酷くなれば炎症を起こして色素沈着を招いてしまい、目の下の茶色い隈の一因になります。

仕事、終電帰りの飲み会、深夜に至るスポーツ中継・翌日の子どものお弁当や食事の準備…。皮膚が荒れるというのは承知していても、実際の生活ではしっかりと睡眠時間を持てていない方が大半を占めているのは明らかです。