下半身は心臓から離れた位置にあるため、重力の関係によってリンパ液が鈍くなることが一般的。というよりも、下半身の浮腫はリンパ液がやや滞留していますよというサインのひとつ程度のものだと捉えたほうがよい。

メイクの短所:皮膚への刺激。毎朝の化粧が面倒でたまらない。化粧品代が嵩む。メイクで皮ふが荒れる。何度も化粧直しやお化粧する時間の無駄だということ。

ことに夜22時~2時までの240分の間は肌のゴールデンタイムと言われており、肌の生まれ変わりが一番促進されます。ここでベッドに入ることが一番効果の高い美容法だということは間違いありません。

日本の美容外科の来歴において、美容外科が「由緒正しき医療分野」であるとの認識と地位を与えられるまでに、割合長い月日を要した。

ビタミンA(レチノール)の誘導体であるレチノイン酸を用いた治療は、濃色のシミを数週間単位で目立たなくするのに格段に適している治療法で、原因不明の老人性色素斑・光治療の効かない炎症後色素沈着・30~40代の女性に多い肝斑・赤く残ってしまったニキビ跡などに適しています。

マスカラなどのアイメイクを落とす時にきれいに落としたいあまりにゴシゴシとこするように洗い続けていると皮膚が荒れたり発赤などの炎症を起こして色素沈着へとつながり、目の下の茶色いクマの一因となります。

アトピー(atopic dermatitis)を薬だけで治そうとするには残念ながら幾分無理があります。習慣や楽しめることなど生活全般の在り方まで視野を広げたような治療が必要になります。

美容外科(Cosmetic Surgery)は、身体の機能上の欠損や変形を修復するよりも、もっぱら美的感覚に基づいて人の体の外観の向上を図る臨床医学の一種であり、自立した標榜科だ。

美容外科(Cosmetic Surgery)が欠損や損壊のない健康体に施術をする美のための行為であることを鑑みても、リスク管理や安全性の確立があまりにも不十分であったことが大きな元凶なのだろう。

美肌に欠かせないコラーゲンは、UV-A波やUV-B派などの紫外線にさらしてしまったり様々な刺激を与えられたり、肉体的・精神的なストレスが積み重なったりすることで、破壊され、更には生成されにくくなっていきます。

女性誌や美容の本には、小顔になる、肌が美しくなる、痩せる、デトックスすることができる、免疫の向上など、リンパを流してしまえばあれもこれも大成功!という明るい謳い文句が並んでいる。

ネイルケアというのは爪をより美しい状態にキープしておくことを目標にしているため、爪の変調を観察しておく事はネイルケアのスキル向上に相当役立つし理に適っているのだ。

現代を生きていく身としては、体の中には人体に悪影響を与えるというケミカルな物質が溜まり、そして私たちの体の中でも老化を促す活性酸素などが誕生していると言われているようだ。

審美歯科というものは、美しさを重視したトータルな歯科医療のこと。歯の働きには咀嚼などの機能面と表情を明るくみせるなど審美的な一面があり、2つとも健康という観点ではとても大事な要素だと考えることができる。

仕事、終電帰りの食事会、深夜に及ぶスポーツ観戦・翌日の幼稚園のお弁当作りや朝食の支度…。皮膚が荒れると知ってはいても、本当は長時間の睡眠時間を持てていない人が大半を占めると思います。