メイクの良いところ:新しい製品が発売された時のドキドキ感。化粧前のすっぴんとのギャップに萌えを感じる。多種多様なコスメに費用をつぎこむことでストレスが解消される。メイクそのものの知識欲。

例えば…今、PCを眺めながら頬杖をついていたりしませんか?実はこの姿勢は掌の圧力を思いっ切りほっぺたに伝えて、皮膚に負荷をかけてしまうことにつながっているのです。

加齢印象を高くする代表的な理由のひとつが、歯に蓄積したくすみです。歯の外側の層には、見えない凸凹があり、毎日の生活の中で黄色っぽい着色や煙草のヤニなどの汚れが溜まっていきます。

歪みが生じると、内臓と内臓が押し合うので、つられて他の内臓も引っ張り合ってしまい、位置の異常、内臓の変形、血液や細胞の組織液に加えてホルモンバランス等にもあまり望ましくない影響を齎します。

メイクアップでは傷などを隠す行為に主軸を据えず、リハビリメイクの力を借りて結果的に患者さんが自らの容貌を認知し、復職など社会生活への新たな一歩を踏み出すこと、かつQOLを今よりも高めることを目的としているのです。

明治時代の末期に外国帰りの女たちが、洋風の髪、洋風の服装、洋風の新しい化粧品・美顔術などを日本に持ち込んで紹介し、これらをまとめた言葉のひとつとして、美容がけわいの替わりに使われ始めた。

化粧の長所:外観が美しくなる。化粧もたしなみのひとつ。実年齢より大人っぽく見せたいという願望を叶えられる(ただし20代前半まで限定の話)。人に与えるイメージを毎日チェンジすることができる。

内臓が元気かどうかを数値で計測してくれる有用な機械があります。『ノイロメーター』と名付けられた機械で、人間の自律神経の様子を測ることで、内臓の病気が確認できるというのです。

化粧の欠点:涙が出るとまさしく修羅のような顔になってしまう。ちょっとだけ多くなると下品になったり自爆する。顔の造形をごまかすのにも限界を感じること。

軟部組織マニプレーションというものは近くの筋肉や骨格が災いして位置以上を起こした内臓を原則在るべき位置に戻して内臓の作用を正しくするという技法です。

スカルプの状況が悪くなる前にしっかりと手入れして、健やかなスカルプを維持したほうがよいでしょう。状態が悪くなってから注意し始めても、改善までに時間を要し、費用も手間も必要になるのです。

思春期は過ぎているのに発症する、治りにくい“大人ニキビ”の症例が多くなっている。10年間もこの大人のニキビに苦痛を感じ続けている多くの人が専門の皮膚科クリニックの門をたたいている。

頬やフェイスラインのたるみは実年齢より老けて見られる原因です。肌の張りや表情筋と呼ばれる筋肉の衰えが弛みにつながりますが、実をいうと普段からおこなっているささいな癖も原因になります。

肌の美白ブームには、1990年代前半からすぐに女子高校生などに広がりを見せたガングロなど、不自然なほど極度に日焼けする独特なギャルファッションへの対抗とも取れる内容が含まれているのだ。

日本の医療全体がクオリティ・オブ・ライフを大切に捉える風潮にあり、製造業に代表される経済の熟達と医療市場の大幅な巨大化により、美意識に基づいた美容外科(Cosmetic Surgery)は2000年代に入ってから注目を集めている医療分野だと考えられている。