むくみの理由はたくさん考えられますが、気温など気候の関連性も少なからずあるってご存知ですか。気温が上昇して大量の汗をかく、夏に浮腫みの原因が内在しています。

顔の加齢印象を与える最大の因子のひとつが、歯に付着した”蓄積くすみ”です。歯の表側の層には、目には見えない凹凸があり、日々の生活の中で茶色い着色やタバコの脂などの汚れが溜まりやすくなります。

どうにかしたいという気持ちからフェイシャルマッサージをする女性がいますが、ことさら目の下は弱くて繊細なので、こするように圧力を与えるだけの粗っぽいフェイシャルマッサージは逆効果になります。

尿素水とグリセリン(glycerin)にヒアルロン酸を添加している美肌水は肌に優しく、ドライスキンの方にぴったりです。防腐剤や芳香剤などを加えておらず、皮膚の敏感な人でも安心して使用できます。

ことさら寝る前の口腔ケアは大切。“蓄積くすみ”を除去するため、就寝前はちゃんと歯を磨きましょう。ただし、歯磨きは何度も行えば良いというものではなく、質を向上することが大事だといえるでしょう。

内臓が元気かどうかを数値で測ってくれる嬉しい機械があります。『ノイロメーター』という名前の機械で、人の自律神経の状況を調査して、内臓の具合を確認しようという便利なものです。

頭皮は顔面の皮ふと繋がっており、おでこまでは頭皮と一緒とみなすのはまだあまり知られていません。加齢に伴って頭皮がたるむと、顔面のたるみの誘因となってしまいます。

我が国における美容外科の歴史では、美容外科が「紛れもなく真っ当な医術」との評価と地位を得るまでには、案外月日を要した。

現代を生きている私達は、365日体内に蓄積されていく悪い毒を、多様なデトックス法を試みて出し、なんとかして健康体になりたいと努力している。

心臓の遠くにある下半身は、重力が影響してリンパの流通が悪くなるのが一般的。むしろ下半身がむくむのは、リンパ液がほんの少し悪くなっていますよという証のひとつ程度に受け取ったほうがよい。

我が国では、皮膚が透き通るように白くて黄ぐすみやシミの存在しない状態を望ましいと思う風習が以前から広まっており、「色の白いは七難隠す」という諺もあるほどだ。

湿疹などが出るアトピー性皮膚炎の原因には、1.腸内や皮膚、肺、口腔内等のフローラ(細菌叢)、2.遺伝的な要因、3.栄養面での原因、4.環境面でのトラブル、5.前述した以外の見方などが挙げられる。

よく美容誌でまるでリンパの滞留の代表格であるかのように語られる「浮腫」には大きく2種類に分けると、身体の内側に病気が隠れている浮腫と、病気ではない人でも現れるむくみがあるということらしい。

夏、屋外で紫外線を浴びたときにできるだけダメージを小さくする方法は3つ。1.日焼けして赤くなっているところを冷やす2.普段より多くスキンケアローションをはたいてきちんと潤いを与える3.シミにさせないためにめくれてきた表皮をむいては絶対に駄目

美容外科において手術を受けることについて、恥ずかしいという気持ちを抱いてしまう人も多いようなので、手術を受けた方々のプライドやプライバシーを冒さないような配慮が特に重要とされている。