どうにかできないものかと対策を考えてやみくもにマッサージをする人がいるようですが、特に目の下は敏感で弱いので、ゴシゴシとこするように力を入れるだけの粗っぽいマッサージは逆効果になります。

あなたは、果たしてご自分の内臓が何の問題もないと言い切れる自信がどれだけあるでしょうか?“痩せない”“肌荒れが治りにくい”といった美容にまつわる悩みにも、意外なことに内臓の動きがキーポイントとなっています!

爪の生成はまるで樹木の年輪のように刻まれる存在なので、その時点での健康状態が爪に表出しやすく、髪の毛と同じように目に入って気付きやすいことから健康のバロメーターとも呼ばれているのだ。

スカルプは顔のお肌と一続きになっており、おでこまではスカルプと同じものだと捉えることをあなたはご存知でしょうか。歳を重ねるにつれて頭皮が弛んでくると、その下にある顔のたるみの要因となります。

指で押しても戻る皮ふのハリ。これを生み出しているのは、みなさんご存知のコラーゲンなのです。バネの役割を担うコラーゲンがきちんとお肌を下支えしていれば、たるみとは無縁なのです。

肌が乾燥する素因の一つである角質細胞間脂質と皮脂の量の下落は、アトピー患者など先天的なものと、エイジングや基礎化粧品などによる後天性の要素に縁るものに分かれます。

肌の若さを作り出すターンオーバー、言いかえれば皮ふが生まれ変わることが可能な時間というのは意外な事に限定されていて、夜中眠っている時しかないそうです。

化粧の欠点:皮ふへの影響。毎朝化粧するのは煩わしくて仕方がない。メイクアイテムの費用がやたらとかさむ。物理的刺激で皮膚が荒れる。メイクを直したりフルメイクをする時間の無駄遣いをしていると感じる。

日中なのに、いつもはそんなに浮腫まない顔や手がパンパンにむくんだ、十分眠っているのにも関わらず両脚の浮腫が取れない、といった場合は疾患が隠れている恐れがあるので医師による適切な診療が必要だといえる。

下まぶたに大きなたるみができると、男女を問わずみんな実際の年齢よりずっと年上に見られてしまいます。顔面の弛みは数あれど殊更目の下は目につくところです。

ビタミンA誘導体であるトレチノイン酸を用いた治療は、色素の強いシミを数週間という短期間で薄い色に和らげるのにことのほか有用な治療法で、40代以降にみられる老人性色素斑・光治療の効かない炎症後色素沈着・30~40代の女性に多い肝斑(かんぱん)・しつこく繰り返すニキビなどに高い効果があります。

医療全般がクオリティ・オブ・ライフ(quality of life)重視の空気に包まれており、市場経済の向上と医療市場の拡大もあって、美容外科(Cosmetic Surgery)は最近存在感を増した医療分野だと考えられている。

あまり聞き慣れないリハビリメイクという言葉には、様々な身体の機能にダメージをこうむった人のリハビリテーションと同じく、容貌に損傷を受けてしまった人が社会復帰への第一歩として備える技能という意味があるのです。

美容外科(cosmetic surgery)とは、正確には外科学のジャンルであり、医療を目標とした形成外科学(plastic surgery、plastic…形を作る、surgery…外科)とは異質のものだ。加えて、整形外科とも勘違いされやすいのだがこれも全く分野の違うものである。

アトピーは「場所が不特定」という意味を持つギリシャ語のアトポスから派生し、「何かしらの遺伝的素因を持った人のみにあらわれる即時型のアレルギーに基づいた病気」に対し名前が付けられた。